[7] 春の暴力。 2020/03/24 14:32:45 

相手の、痛みや苦しみで顔を歪ませるその顔を見たいと思うことは今までにもあったのだけど、【ボコボコにしたい】という欲求が生まれたことはなかった。
でもね、最近ふとした瞬間に思うようになっていたんだ。

私の拳がおまえの身体に鈍い音を立てる。

その音が聴きたい。
その瞬間の顔が見たい。

「最近新たな欲がすごいんですよ。春という季節柄かしら」と言って笑われたのは数日前のこと。
ここ最近今までにはなかった欲が恐いくらいに湧く。でもこれってとってもいいことじゃない?

したいことがあるとそれをされたいという人が現れるというのがこの世のおもしろいところ。

扉を開けたらおまえがいたね。

今までにも数回顔を合わせたことはあったけれど、「ボコボコにしてほしい」と思ってるなんて思わなかったわ。だからつい嬉しくって素直に喜んでしまった。

夏子女王様、椿女王様との集団リンチ。

3人の高らかな笑い声と鈍い音が室内に響いて、「やりたいことができるしあわせ。ありがとうマゾ」なんて思いながら目の前にある身体に思いっきりビンタを、拳を、蹴りを入れ続けた。

翌日には私の手の甲に青痣が残ったのだけど、これを見るたびつい口元が緩んでしまう。
身体をさしだしてくれてありがとう。

私は私の欲を満たし続けていく。

  この記事は このアドレス で表示できます。




[ TOP ] [ HOME ]
CoolNote2 Ver 3.3