女王様コラム
現在 10件表示 
6793  

i-mode  検索  

 コメント・感想投票をどうぞ!


クイックアクセス

[5] 先日は ララ女王様と   [4] Natsko女王様と   [3] 身に纏う   [2] 追加出勤日   [1] 初めまして   


(2020/04/06 07:20:38 〜 2020/03/08 17:11:49)


  [5] 先日は ララ女王様と 2020/04/06 07:20:38 

先日は、ララ女王様と。
アナルの剃毛、そして
乳首とアナルを同時に責められ、
私たちの足を犬のように舐めて、
最後は私たちのブレンド聖水浣腸。
お家までちゃんと、
一滴零さず持ち帰れたみたい (^^)
このマゾ君が最後に発した言葉。
『変態で良かった〜!!』(笑)
お互いにプレイを楽しむのは、
何よりも大切だと思う。
私も楽しかったよ。変態で良かった!

  この記事は このアドレス で表示できます。


  [4] Natsko女王様と 2020/03/30 01:04:52 

先日は、Natsko女王様と
二人女王様プレイをしました^^

少し乳首を触っただけで
すぐに反応してしまって、
下の棒がピクピクと
動いてしまうマゾ。
胸にはブラを、お尻には的を。
胸の毛はまるで、私たちの専用の絨毯のようで。
最も、足元、いいえ、足の下に居るのがお似合い^^
そして、鞭で的当てゲーム。
乳首を弄られながら、煙草の煙を吸う人間換気扇。
快楽に意識を持っていかれ、役目を果たせないと罰。
終始玩具にされて、じわじわと棒の先から滴る汁。
私たち、そんなもの出していいと、
一言も言っていないのに。
私たちの身体についてしまったら大変だから、
今度は制御出来るように頑張ろうね^^

  この記事は このアドレス で表示できます。


  [3] 身に纏う 2020/03/18 21:02:15 

私は、服を着ることや、
お化粧が大好き。
心に作用するから。
『毎回雰囲気違うね』と
言われるくらい、
服装が変わるのは、
その日その時の違う自分を
示したり、守る為。
例えば、プレイをする時に着る、
ボンテージや高いヒールも、そう。
マゾが首輪や鼻フックを付けられて、
惨めな姿になるのも、そう。
そのようにSMは、
目でハッキリと立場が分かるという点、
私との関係も、身なりですぐにバレてしまう。
プレイの内容は、二人の秘密にする?
それとも。

  この記事は このアドレス で表示できます。


  [2] 追加出勤日 2020/03/10 08:02:27 

こんにちは。
段々と暖かくなり、
春の気配を感じる頃となりましたね。

先日、コラムを初投稿したところ、
『コラムを見て、内容に共感しました』
という声が多数あり、嬉しい私です。
コラムって、思っていた以上に
皆さんご覧になっているのですね。
正直驚きました。

さて、今週の出勤日についてですが、
急遽、明日18:00~23:00も
追加で入ることになりました。

私とあなただけの、
秘密の時間を過ごしましょうね。

  この記事は このアドレス で表示できます。


  [1] 初めまして 2020/03/08 17:11:49 

初めまして。
今月入店の 崇王美 紫ノ(すおみ しの)です。

突然ですが、
私はスイッチャーです。

私がSMの世界に興味を持ち始めたのは、
自分が女王様に縛られ、責められた事が
きっかけでした。
それまでにも、
性というものに対しての興味、
人体自体への興味が強く、
無知である小さい頃、
お風呂場で、
普段内部が露出されない肛門に小指を入れて、
その触感と臭い、入れた感覚を味わったり、
自分の性器の写真を撮って、
尿道はどこか、その下の穴は何だ、
と 調べながらじっくりと見る、
なんて事もありました。
初めは、緊縛されて軽く責められたりと、
自分の体感的快楽主体のプレイが好きで、
鞭やスパンキングなどは、
何故好んでされたいと思うのか、
あまり理解出来ませんでした。
しかし、色々とプレイをしていくうちに、
変化がありました。
相手からの加虐に対して耐える、従う、
というマインドを持った自分、
それを想像の中で客観視した自分の姿、
そういった、
内面的な部分に興奮を覚えたのです。
そうは言っても、
相手が誰でもいいというわけでは
ありません。
人間的な部分で認め合い、
『この方なら』という気持ちがあってこそ、
成り立つプレイでした。

自分がMとしてそのように感じたからこそ、
女王様として、
特別な世界に入り込めるような
濃密なプレイが、
私には叶えられると思っています。


これからあなたと、
どんなプレイが出来るかな?

  この記事は このアドレス で表示できます。




 
CoolNote2 Ver 3.3

---++(C) Copyright I.T.F. All rights reserved. ++----