[5] 完全拘束での快楽と苦痛の狭間で、悶えて遊んで 2019/05/26 17:25:40 


完全拘束、身動き出来ない状態


全く身動き出来ない状態で身を委ねる信頼関係


見えない、その糸はRiNを興奮へと導く


「言葉」と言う「拘束」、「細胞単位」と言う「支配」



どれも甲乙つけがたい位、愛おしく身体が熱くなる


麻縄、ナイロンロープに拘束テープ、手枷に足枷に手錠・・拘束具を上げたらキリがない


ラップが気に入ってるのなんと言っても、他とは違う完全なる拘束が手早く出来るのにも拘らず

拘束を解くのも簡単だと言う事

潔癖の変態にも、落書きはされたいけど消えないと嫌だという変態にも

蝋燭が怖い初心者な変態にも


完全拘束での強制肉便器調教でも・・多種多様なプレイに使える事




この写真の可愛い変態肉便器も、完全拘束で自由を奪われ快楽と苦痛の狭間で悶え興奮している子の一人


毎回反応が素晴らしく、RiNもそして例の大学生M女も楽しんでいるくらい


彼女はプレイの写真やコラムの写真を見ながら、そしてRiNの口から聞かされるココでのプレイ内容


今までとは一味違った遊び方


人間は快楽に貪欲な生き物であり、貪欲なほど生命力が強い気さえする







まだ未だ未経験なのが女性をラップで拘束すると言う事


豊満な胸を潰すのはRiNの美に対する考え方に反する為、どうしても縄になってしまっている


胸元が映える、淫乱極まりない完全拘束での羞恥と快楽責め



固定観念や凝り固まった考え方を、見つめ直すタイミングなのかもしれない


縛りや、吊りもお勉強しませんと




  この記事は このアドレス で表示できます。




[ TOP ] [ HOME ]
CoolNote2 Ver 3.3