[7] 人間灰皿第一号 2019/03/17 19:28:42 




先日会いに来てくれたのは二度目ましての女装趣味なマゾ。



ピチピチのセーラー服に着られて、照れ臭そうにドアから顔を出すの。間抜けで哀れで笑っちゃう。



この前と同じように、如何に自分が淫乱な雌豚であるかをマゾの体に書き記して、仕上げにそのだらしないワガママボディ(笑)をビニールで拘束し、電マ責めにしてみた。



途中からは目隠しも加えつつ寸止め地獄の刑に処したのだけど、あまりにも楽しすぎて延々と繰り返してたら射精するタイミングを失ってしまったマゾでしたとさ(笑)残念でした。



そしてこのマゾ、優秀な人間灰皿でもある。



この日も美味しそうに私のタバコの灰や煙を飲み込んでいて、なかなかのタフさだったわ。ていうかそれお腹壊さないの?



今度来た時は何しようかな?
増えていくお道具たちを笑顔で眺めながら考えてるよ。また虐められにおいでね。



美弥



  この記事は このアドレス で表示できます。




[ TOP ] [ HOME ]
CoolNote2 Ver 3.3