[14] テイクアウトで 2019/06/20 14:19:05 

ある日ツイッターからコンタクトを取ってきたマゾ。

話を聞くと、私の聖水をペットボトルに入れて持ち帰り、人混みの中で飲んでみたいと言う。

能動的な変態は嫌いじゃないなと思い快諾し、当日を迎えた。

部屋のドアを開けると、そこには既に土下座で待ち構えるマゾがいた。

望み通り、挨拶もそこそこに頬に張り手を食らわし唾を吐きかける。

自分の中でどんどんテンションが上がるのを感じた。

聖水も普通に飲ませるのではつまらない。床に置いたペット用の皿にたっぷり注ぎ、それを這いつくばって啜るマゾを上から踏みつけ、醜い姿を写真に収める。

そして望み通り、ペットボトルの中にも聖水を注ぎ、「これを人混みの中で飲む姿を写真に収めて送るように」と命令した。

最後に鏡の前でマゾを締め上げながら撮影をしていた時に、自分の目の色が変わっていたことに気づいた。よっぽど興奮したのだろう。

事前に打ち合わせをして、プレイまでに気持ちを高めておくのもまたいいなと思ったそんな時間だった。






マゾと別れてすぐ、例の写真が送られてきた。本物の変態がそこには写っていた。

晒しあげてやりたいけど、これは私の記憶の中だけに留めておこうかな。


美弥 Twitter:@MIYA17455168

  この記事は このアドレス で表示できます。




[ TOP ] [ HOME ]
CoolNote2 Ver 3.3