[11] 2019/05/07 18:00:14 

毎年この時期になると何処からとも無く漂ってくる、甘ったるいような生々しいような、生命が熟しきった時に発する腐敗臭に近いような匂いが大嫌いだ。

私はこれを勝手に春の匂いと呼んでいる。子供の頃に親に訴えかけた事があるけど、何のことか分からないような怪訝そうな顔をされただけだった。

そっか、大人には分からない匂いなのかななんて思っていたけれど、いい大人になった今でも相変わらず、毎年この匂いと共に春の訪れを感じている。

例に漏れず今年も。だけど今年はひとつ新たな発見があった。

ジムの帰りに近所を歩いていると、普段は見過ごすような場所に大量の白いツツジが咲いていた。

それを見つけた時にふと、あの匂いが漂って来たのだ。

雑然とした街並みには不釣り合いなほど可憐に咲く花。

そうか、お前たちも春を待ちわびていたんだね。

むせ返るような甘い香りの中でぼーっとそんな事を考えていた。

あぁ、やっぱりこの匂い、好きにはなれないな。

美弥 Twitter:@MIYA17455168

  この記事は このアドレス で表示できます。




[ TOP ] [ HOME ]
CoolNote2 Ver 3.3